Viewing entries tagged
wisconsin

1 Comment

Ren's Mother Blessing

I had the chance to photograph Ren's mother blessing.

Everyone was sweet, kind and thoughtful.

I didn't know what a mother blessing was until I moved to WI.

So I really wanted to write about this:)

 I'm writing about this in my article now.

Here are some pictures I took.

Thank you so much for letting me take photos.

Can't wait to meet your baby, Ren!

 

 

 

 

 

 

 

  

1 Comment

Comment

Cafe at home / ダッチベイビーレシピ

いつもより、少しゆったりとした時間が流れる週末は、のんびりブランチを楽しみたい。東の窓から差し込む太陽を浴びながら、ハンドドリップコーヒーをゆったりと味わう。コーヒーが落ちていくスローな朝、あーこの時間を待ちわびていたと思えるほど、とても愛おしい。

 

そんな週末のブランチには、とっておきの材料を使って、手間暇かけず、ちょっとワイルドに、贅沢なおもてなしを。世界にひとつだけの、ハーベストテーブルには、摘みたてのワイルドラズベリーや、ホームメイドメープルシロップ、フェアトレードの挽きたてコーヒーが並びます。

 

 

Strawberries, Golden Berries, Raspberries, Blueberries, Aronia Berris, Cherries, Ground Ivy and Thyme.

7〜8月のこの時期になると、庭先や道端などあちらこちらに真っ赤な実をつけるワイルドラズベリー。真っ赤な果実を思わずつまんでしまうと、実が硬く酸味が強すぎてびっくり。真っ赤な果実が、柔らかく黒色に変わったら、完熟食べごろサイン。 散歩をしながら思わずつまみ喰いをすることも。夏が旬の、ラズベリー、ブルーベリー、アロニアベリー、チェリーなど、新鮮なベリーをカッティングボードに盛り付けるだけで、テーブルが華やかに。

Tapping maple tree at home.. / 0.68gal sap made only 100cc maple syrup. Pure maple syrup is so so special! 

ウィスコンシンは、アメリカで4番目にメープルシロップの生産量が多い場所でもあり、-30℃の寒い冬を越え、少し暖かくなってくる3月頃、あちらこちらでメープルシロップ作りが行われます。我が家にも、メープルの木があり、今年はメープルシロップを始めて作ってみました。メープルの木に少し穴を開けると、ポトンポトンとメープルウォーターが雨水のように流れ出だす。その下に、鍋やガラスジャーをいくつもぶらさげてメープルウォーターを採りました。メープルウォーターをコトコト弱火で煮詰めること6〜7時間、甘くて濃厚な、メープルシロップが完成。2.6リットルのメープルウォーターから採れたピュアなメープルシロップはほんの100ccほど。メープルの樹液を煮詰めた、100%天然のメープルシロップ、本当に貴重ですね。

寒さを過ぎて、少し暖かくなってくる3月ごろは、毎朝、メープルウォーターがどれだけ採れたか見るのが楽しみでした^^


Failed! This year my husband and I realized we have a maple tree in our yard. So we hung some glass jars and pots on the tree and tapped the sap.  We started heating the sap at 11pm.. I checked the pot at 5am. "Hmm, looks good" I thought. "It's not sticky enough, maybe one more hour"...I came back to the kitchen at 7am..but it was too late...the sap almost burned and it was too thick...so I poured the sap onto the oven paper and, to my surprise, It turned into caramel candy!  It was pretty good and of course my kids enjoyed the caramel.  We decided to start over again the next morning. I couldn't leave the kitchen because the sap wasn't coming out of the tree much at this time(beginning of April) so we were keep stirring what we had for 6-7 hours it turned out like this↓  Yay! So next year, we have to start tapping by the end of Feb or March and try again. My husband said "It takes too much time...never again!" but I would love to try again:)

 

2016 Pure homemade Maple Syrup


GOOD TO KNOW ABOUT MAPLE SYRUP


Maple Syrup Sugaring Ratio 30gallons of sap : 1 gallon of syrup

2015 US Maple Syrup Production... 1:Vermont 2:New York 3:Maine 4:Wisconsin! 


Food & Gathering Recipes...

ギャザリングレシピ

So I wrote these weekend brunch recipes in the July issue of nice things. magazine.

 

a.800.dutch.baby.berry.gathering.table.coffee.syrup.DSC_5619.jpg

Berry Dutch Baby

キャストアイアンで焼くふんわり濃厚なジャーマンパンケーキ。 焼くたびに違う顔を見せてくれるダッチベイビーレシピ。オーブンのドアを開け、膨らみ具合を見るのも楽しみのひとつに。夏の体を元気にしてくれるベリーをたっぷり乗せて!

 

作業時間 20分 / 1枚分 / 240ccカップを使用

<材料>

ケージフリー卵2個

オーガニックミルク1/2カップ

無漂白小麦粉1/2カップ

ココナッツシュガー大さじ1

シーソルトひとつまみ

グラスフェッドバター大さじ1

キャストアイアン

 

トッピング

ピュアメープルシロップ適量

ラズベリー適量

ブルーベリー適量

パウダーシュガー適宜

 

<作り方>

1:オーブンに、キャストアイアンを入れ、200℃に温める。

2:ボウルに卵を割りいれ混ぜ合わせる。

2:軽く温めたミルクも加え混ぜ合わせる。

3:残りの材料も加え全体を混ぜ合わせる。

4:オーブンからキャストアイアンをやけどに注意し取り出し、バターを加え全体に行き渡るように馴染ませたら、3の生地を一気に流し入れ、オーブンに入れ15分焼く。

5:オーブンから取り出し、粗熱が取れたら、ベリー類を盛り付け、メープルシロップをかけ、好みでパウダーシュガーをかける。

 

 

ポイント:卵はケーキを作る時のように泡立て過ぎないようにする。ミルクは常温または人肌程度に温めてると膨らみやすい。

 

 


Gluten Free  / Vegan Fluffy Tofu Waffles

玄米粉と豆腐にバナナを加えた、モチッとした食感のワッフル


slow drip coffee 

新鮮な豆で丁寧にいれるスロードリップコーヒーレシピ

 

作業時間 5分 / 450cc分

<材料>

オーガニックコーヒー豆30g

水 480cc

 

コーヒーメーカー

コーヒーフィルター

コーヒーグラインダー(ミル)

スケール

タイマー

<作り方>

 

1:コーヒー豆をグラインダーで挽き、フィルターを敷いたコーヒーメーカーにいれる。ケトルに水を加え火にかけ沸騰したら火を止める。

2:スケールの上にコーヒーメーカーを置き、70gのお湯をコーヒー豆の中心に注ぐ。うまみを引きだすために、30秒ほど待ちむらす。

3:再度、お湯をコーヒー豆の中心から全体にお湯が行き渡るように50gお湯を注ぐ。

4:3のお湯が全部落ちる前に、再度少しずつ“の”の字を描くように、コーヒー豆の1/2が浸かる程度のお湯を注いでいく。

5:最後の注ぎが終わったら、液が全部下に落ちきらないうちに、コーヒーフィルターを外す。

 

 

ポイント:渋みやアクを加えないように、コーヒーの最後の液は加えないようにする。


CAFE AT HOME PHOTO GALLERY 


 


SONOMAMA VIMEO VIDEO

See more videos on...Youtube


*レシピ詳細は、nice things.7月号をご覧くださいませ。

*エンズルードミホコへの、質問、メッセージ等のご連絡は、こちらから。


nice thingsは「Good life with nice things(素敵なモノに囲まれたいい生活)」をコンセプトに、eat(食)、grocery(日用品)、skincare(スキンケア)、clothes(ファッション)、green(植物)を中心に「意識のある生き方、おしゃれなライフスタイル」を紹介。情報や流行に惑わされず、自分の判断で価値を見出し、生活に必要なもの、生活を潤わすものを選択していく「自分らしい生き方」を楽しむマガジン。

ナイスシングスウェブサイトはこちら
 


Comment

Comment

Easy Delicious Homemade Pizza /  短時間発酵。本格的なホームメイドピッツア

nice thingsは「Good life with nice things(素敵なモノに囲まれたいい生活)」をコンセプトに、eat(食)、grocery(日用品)、skincare(スキンケア)、clothes(ファッション)、green(植物)を中心に「意識のある生き方、おしゃれなライフスタイル」を紹介。情報や流行に惑わされず、自分の判断で価値を見出し、生活に必要なもの、生活を潤わすものを選択していく「自分らしい生き方」を楽しむマガジン。
 

ナイスシングス6月号 FOOD&GATHERINGS連載より

 

 


Discovering Pizza!

 

今日も新しい一日が始まる。柔らかな陽がさすアトリエで、仲間たちを待ちながら料理を作るこの時間は、私にとってかけがえのない至福のとき。この日、仲間たちを迎えた料理は“Made in Wisconsin PIZZA”。ウィスコンシンに来るまで、ピッツアのことなどほとんど知らなかったのに、こちらに来てからは、ふとした時に「また、あの石窯ピッツアが食べたいなあ」とふんわり頭の中に思い浮かぶほど。


フランクロイド氏の自宅付近にある、週に一度だけオープンする、ホワイトスクールのストーオーブンピッツアも、アイデアがひらめくピッツアレストランのひとつ。1877年に建てられた古い校舎の中は、いまでも学校の面影が残っていて、大きな黒板に書かれたメニューには、ローカルオーガニックファームから採れたてのランプ、ケールやスクワッシュピッツアにグリーンサラダなど、旬の野菜がたっぷり食べられる。ホワイトスクールに来ると、どこか懐かしい気分になってしまうのと、たくさんの仲間にも出会えるのがうれしい。

 

WHITE SCHOOL PIZZA IN WISCONSIN

 

 


この土地でピッツアを作るには、どんな粉を使って、その上にはどんな食材が合うのだろう…。地元の友人たちが教えてくれる、その場所を目指すと、以前、Body+マガジンにも登場した、陶芸作家のジョーや、シンプルライフを楽しむアディー、木工作家のエド、オーガニックファーマーのエリックなど、パズルのピースをはめ合わせるかのように、おいしいものを知り尽くした仲間たちがいました。ちょっと大げさにいうと、「ピッツアと仲間たちがいれは、それでいい。」そんな、肩の力を抜いて、シンプルな休日を楽しませてくれる、ピッツアの魅力をお届けします。

 

気持ちのいい午後、鮮やかなブルースカイとグリーンが広がる景色を眺めながら、車を走らせ材料調達へ

Barn and Silo in WI

 

Lonesomestone Milling

ピッツア粉を求めてきたのはローカルオーガニック&ストーングラインド(石臼挽き)のロンサムストーンへ。挽きたての粉を購入できるのがうれしい


 オーガニックファームのグリーンリーフや色鮮やかなカラフルベジーなど、ピッツアトッピングにルールは不要!

好きなベジーズを食べたいだけ加えて。

食べやすい大きさにひたすらチョップチョップ。

 

Rainbow Carrots


    

 

 

Underground Butcher Pepperoni& Finnochiona&Chorizo

トッピングには、ローカルグラスフェッドのミートのみを使い、丁寧にものづくりをおこなう、アンダーグラウンドブッチャーのペパロニを。


材料が揃ったら、いよいよピッツア作り。

毎回、いろいろな方法を試しながら焼いていますが、生地の中に入ったガスを外側に寄せるようにのばして、

麺棒で平にのばすより、手で伸ばし、外側に少し厚みを持たせた方がおいしい。

 


Windy Ridge Pottery's Joe made this stone oven.

いよいよ陶芸家のジョーが作った、ストーンオーブンでピッツアを焼く! 薪で焼き上げる、特有の香りが食欲をそそります。ほんの60秒ほどで焼きあがる薪窯の床の温度は、315℃、窯内は537℃ほど。ちょっと油断してしまうと、あっというまに焦げてしまいます(→Faild )。

 


Preparing Pizza


Pizza Recipes / ピッツアレシピ...

 

Margherita Pizza / マルゲリータピッツア 

イタリアンピッツアの定番とも言える、モッツアレラチーズ、トマトとバジルを使った、マルゲリータピッツア。本来、薪窯で焼き上げますが、自宅で簡単に作れるようアレンジしました。

 

作業時間 40分 / 生地3枚分

<材料>

 ぬるま湯 280cc

ドライイースト小さじ1.5

砂糖小さじ1

オリーブオイル大さじ1

シーソルト小さじ1

強力粉 210g

薄力粉 210g

トッピング1枚分

トマトソース 大さじ4 / フレッシュモッツアレラチーズ 80g / フレッシュパルメザンチーズ(すりおろす) 10g

フレッシュバジル6枚 /  エクストラヴァージンオリーブオイル 適量

<作り方>

1:ボウルに、ぬるま湯を加え、ドライイースト、砂糖を入れ、混ぜ合わせて5分ほどおいたら、オイルも加える。

2:混ぜ合わせたを1のボウルに、1/2カップずつ加え、その都度、混ぜ合わせる。

3:粉(分量外)を振った台の上に2を取り出し、生地がしっとりまとまるまで、こねる。

4:清潔なボウルにオイル(分量外)を薄く塗り、3の生地をまるめていれ、ぬれ布巾をかけ、2倍の大きさになるまで、室温に、1〜2時間ほど置く。

5:4の生地を取り出し、生地を丸めながら3等分に切り分ける。

 6:オーブンとピッツアストーンを260℃に温めておく。粉(分量外)をふった台に生地を取り出し、25cmほどの円形になるように、手のひらで、平に伸ばしていく。

7:トマトソースを塗り、パルメザンチーズ、モッツアレラチーズを全体に盛り付け、バジルをちぎりながら、全体にちらす。最後に、オイルを円をかくように軽くたらしたら、温めたピッツアストーンを取り出し、ピッツアを乗せ、オーブンで10~12分ほど焼く。

 


White Pizza with Tomato and Basil  / トマト&バジルのホワイトピッツア

Rainbow Carrot Pizza  / レインボウキャロットピッツア


*レシピ詳細は、nice things.6月号をご覧くださいませ。

*エンズルードミホコへの、質問、メッセージ等のご連絡は、こちらから。




Comment